超初心者向け!!チャート分析の進め①~移動平均線~

  • URL Copied!

先日いいお肉を頂く機会があったので久しぶりにすき焼きをしました。

和牛はやっぱり柔らかくて美味しい!!

一枚が手のひらよりも大きいので食べ応えもばっちりでした。

歳のせいかいいお肉なのに量が食べられなくて落ち込みましたね、

昔はいくらでも食べられたのにな、、、、

さて、YouTubeでチャートの見方を学んだのでシェアしていこうと思います。

今回は移動平均線についてです。

もくじ

移動平均線の使い方

移動平均線をみるとき何を目的に見ていますか?

正直なんとなく表示させているという人も多いのではないでしょうか。

私自身はそうでした。

今回は月足を用いたトレンドの見方を説明していきます。

長期トレンドの把握

こちらを見てください。

これはNASDAQの月足チャートです、移動平均線は9か月・36か月・60か月で設定しています。

パッと見て分かるのは、基本的に9か月移動平均線よりも上で推移しているという事です。

また、もう一点分かる点は下落局面でも36か月のラインで下げ止まり反発しているのが特徴的です。

次に注目する点に印をつけてみました、

この図を見て分かる通り、9か月移動平均線に下ヒゲや本体がタッチすると翌月は下落しています。

また、9か月移動平均線から離れていればいるほど株価の上昇幅が大きくなります。

チャートを見る際に、

  • 移動平均線との乖離
  • チャートの下ヒゲの位置

この2つを意識しておくと大まかなトレンドが分かるようになります。

また、ダウやS&P 500との比較を行う事でどの指標が強いのかも把握できるのでセクターの分析にも役立ちますね。

まとめ

というわけで今回は移動平均線でのトレンド分析について書いてきました。

インデックス投資だとあまりチャート分析はしない人も多いかもしれませんが、

少しでもチャートを読めるようになることで勝率アップを目指せると思います。

他にも色々なツールを使えるうに勉強していきたいと思います。

では、また次の記事で。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
もくじ
閉じる