「初心者向け!」クラウドソーシング案件獲得法!

  • URL Copied!

クラウドソーシングサイトに登録をしたけど、
登録したけど全然案件を取れない、
もう1文字で1円どころか0.1円位じゃないとだめなのかな。

このように副業を始めようとしたけれど、

全然仕事とれないし続けるかどうしようかなと思っている人や

1文字0.1円とかの子供のお小遣いより酷い給料の仕事に応募しようとしているあなた。

諦めないでください。

とりあえず激安の案件には飛び込まないで!!

そんな案件に時間を費やすくらいなら、バイトするとか遊びに行く方がまだましです。

そのような依頼者はライターをとにかく安く使いたいだけなので、無理な要求ばかりされて時間は掛かるけどお金は貰えいという「二重苦」に巻き込まれるだけです。

人生の無駄です絶対やめましょう。

そんな事言っても仕事取れなきゃ始まらないじゃん、実績も作りたいし

分かります、分かりますけど話を聞いてください。

0.1円とかの案件ばかり受けているライターから提案が来たらこう思いませんか?

  • このライターは0.1円位の実力しかないのかな
  • とりあえず安くてもやってくれるなら激安でやってもらおうお

実力があっても、一度下されてしまった評価を変えていくのは並大抵の事ではありません。

野球でもどれだけ練習で凄いピッチャーでも、マウンドに上げてもらえなければ無名なままです。

それと同じです、どうせ投げるなら練習じゃなくて公式戦で投げましょうよ。

ですから、0.1円なんてのはやめて0.7円くらいを目指しましょう。

0.7円であれば5,000文字書けば3,000円くらい手元に入るので、

お金を稼いだ実感を持ちやすくなります。

私はそうでした。

ですから今回はみなさんに私が未経験からどのように実績を作ったのかを、具体的に説明をしていきたいと思います。

もくじ

受注を得るための「3要素!」

あなたは依頼者が提案を受け入れないと思いますか?

先に答えを言います、

それはあなたに信用がないからです!!

まあまあ、少し冷静になって考えてください。

依頼者の立場になって考えれば分かります、普通に考えてお金を払って仕事してもらう相手に未経験を選びたいでしょうか?

あなたなら美容院に行ってわざわざ新人の美容師を指名しますか?

私ならしません。

クラウドソーシングを使うクライアントも同じです。

とは言え、費用を抑えたいからクラウドソーシングを利用します。

つまり、あなたが最低限求めるレベルの作品を納品できるのなら、未経験者でも任せてくれる企業はあります。

最初の間はこのようなクライアントからの案件を受注しなければなりません。

あなたは何をしたらよいと思いますか?

それは、最低限の能力があると相手に伝えなければなりませんね。

しかし、どうやって伝えたらよいでしょう?

ここからは具体的に3つ方法を解説していきたいと思います。

プロフィールの作成

まず一つ目の方法はプロフィールを作りこみましょう。

プロフィールくらい作ってあるかもしれません。

基本的な自己紹介などは出来上がっているでしょうしかし、

ただの自己紹介ではダメです。

なぜなら、

「プロフィールも作品」だからです。

プロフィールもあなたの作品なのです。

ここが出来ていないとマウンドに上ることすら出来ません。

一度自分のプロフィールを見直してみませんか?

勝負を分ける提案文

プロフィールと共に重要なのは提案文です。

応募先のクライアントが最初にあなたを認知するのは提案文ですので、

場合によってはプロフィールよりも重要度は高くなるかもしれません。

提案文もある程度はテンプレート化しても良い気もしますが、

案件に応じた一言を入れておくと良いともいます。

例えば「住宅関連」の記事なら今の仕事の話を入れていますし、

「プログラミン」の案件なら過去の勉強履歴を入れています。

注意したいのはどんな案件に応募するにしても頑張ります、仕事を下さい」ではだめです。

あなたを採用するとどんなメリットがあるのかを提案しましょう。

きっと何かしらの強みがあるはずです。

案件に対して力になれる部分を探して提案しましょう。

頑張りますだけでは、どう頑張ってくれるの?となってしまいます。

未経験の方の多くは提案の時にここを間違えてしまってるので契約出来ないのです。

お金を貰う以上必ず相手へのメリットを提示しましょう。

それと一点、提案の時に逃げを作らないようにして下さい。

どういう事かと言うと、

「初めてですけど、頑張ります」「未経験ですが、精一杯やります」

とか入れる人がいますがこれは
絶対にやめましょう。

初めてで自信がないのは分かります、仕事受けるのが怖いのもわかります。

でも、相手にそれは関係ないのです。

こんな事書いたら絶対通りません!!ちゃんと出来る自信がある人に依頼したいですよね普通は

あなたも自信がない美容師さんに髪切られるのは嫌ですよね?

だから、実績はないけど大丈夫理由を伝えるようにしましょう。

それか、修正にはしっかり答えるなどでも良いと思います。

みんな最初は初めてですが、初めてを言い訳にしない事が大事です。

それが分かっていないと安く買い叩かれたりなかなか決まらなかったりしてしまいます。

逆に、ここがしっかり出来ているだけで、他の未経験者と差別化になります頑張りましょう。

ポートフォリオ作成

最後はポートフォリオ作成です。

ポートフォリオとはいわゆる作品集です。

実績が貯まっていけばここに追加していくのですが、

駆け出しではないのが普通なので自分で運営するブログ記事やテーマを決めて

サンプル記事を作るのも良いと思います。

時間を掛けすぎるよりは2-3個作ってどんどん提案していきましょう。

あなたの実力をいかんなく発揮してどんどんアピールしていきましょう

この3点をしっかり行えば普通の案件にもチャレンジ出来るはずです。

私はこれで何とかなりました。

まとめ

いかがでしょうか、なんとなく出来そうですか?

今回の内容をまとめると、

  • 未経験が受注できない理由
  • どうしたら良いか
  • プロフィールの書き方
  • 提案の仕方
  • ポートフォリオについて

この4つです。

未経験はそもそも実績も信用もないため仕事を取るのが難しい。

仕事を取るためにはクライアントへ自分の能力を伝えなくてはならない。

そのためには次の3つをしっかり行う必要がある。

  1. しっかり作りこんだプロフィールの作成
  2. 採用するメリットを書いた提案文
  3. 実績の代わりのポートフォリオ作成

今日のアドバイスに従ってプロフィールや提案文を作っただけでは採用されません。

しかし、飛躍的に採用率は上がるはずです。

まずはこの3つを作成しどんどん営業していきましょう。

たくさん営業しないと仕事は貰えません。

私も20個ほど提案してやっと一つです。

私もまだまだ頑張るので一緒に頑張りましょう。

この記事がこれからライターを目指す方や今悩まれている方の参考になれば嬉しいです。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
もくじ
閉じる